<第414回> 来日記念

先週、栄町・KICKでのカラー診断後に、ふら〜っと元町まで出て、出会ってしまいました。

中華街の入り口にある、コカコーラの自動販売機。


パンダのモノトーン、自販機の赤と緑。

コントラストが強くて、目に飛び込んでくるようでした。


パンダの来日を祝してブログアップ!

実は私、パンダが好きなんです♪


colorsmotoko | 神戸 | 11:30 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

<第401回> 長田神社

昨日は長田神社にお参りに行ってきました。
鎮座1800年を超える由緒正しき長田神社。現在の大社殿は昭和3年に建てられ、神戸市内では唯一戦災を逃れたものだそうです。

鳥居をくぐると大木が目に飛び込んできます。


ひときわ色鮮やかな拝殿。


極彩色の鳳凰がかっこいいー!


本殿の奥には病気平癒にご利益のある楠宮稲荷社があり、ご神木に家族の健康を祈念します。


大木の前に並ぶ蛭子さまと大黒さま(実の親子!)。縁起のいい光景にテンションも上がります↑

神戸に住んでいながら、はじめて訪れた長田神社。真のお目当ては参道にあるほうらく堂のほうらく饅頭でした!

義祖母の七回忌がもうすぐ。ほうらく饅頭が好物のひとつで、緑のこしあんがお気に入りだったそうです。義祖母を偲び、素朴な味をいただきました(合掌)。
colorsmotoko | 神戸 | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

<第390回> オススメ神戸土産

帰省した友達と久しぶりに会う機会があり、神戸スイーツをお土産に渡したいと思って、いくつか選びました。

ボンヌーヴェルのマカロン。カラフルで優しい色は見ているだけでほんわかした気持ちになりますね。

マカロンって小さい割に高価なので手土産にすると喜ばれますね。ボンヌーヴェルのマカロンはちょっとだけリーズナブルなところもオススメ!
しかし要冷蔵のため、この日は持ち歩く時間が長かったので不採用。自宅で美味しくいただいてしまいました。

モン・ロワールのリーフチョコ。ホワイトチョコ・ミルクチョコ・抹茶など、ちょこちょこっとつまめるのがうれしい。

私の中の定番。大人数対応のお徳用パックもよく利用します。
どちらも新神戸駅のお土産を集めたコーナー(“アントレマルシェ”という名前です)で購入できます。ここの品揃えはツボを押さえていてオススメです。
colorsmotoko | 神戸 | 13:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

<第379回> 舞子帆照

タイトルは舞子ホテルと読みます。
昨日、急に思い立って、仕事前に舞子ホテルへ行ってきました。

外観はこんな感じ。一見洋館ですが、中に入ると和館とつながっています。大正8年に建てられた邸宅で、重厚な雰囲気です。


入り口のステンドグラス。光を受けて、透明感を感じる色。舞子ホテルにはステンドグラスがいくつかあり、このステンドグラスに惹かれて出向きました。
ちなみに反対側(北)のステンドグラスは山の図柄です(実に神戸らしい)。

colorsmotoko | 神戸 | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

<第348回> 鉄人

昨日は所用で神戸・新長田へ。用事なんかちゃちゃっと済ませ、いざ鉄人28号とご対面。

デカイっす!
1/1スケール、全長15m(気をつけの姿勢で18mになるように設計されているそうです)。隣にある大丸新長田店よりはるかにデカイ。
昨年10月にお目見えして以来、新長田のハズせない名所になってます。土日は男子を中心に結構な賑わい。昨日も平日だというのに、近くの商店街に活気を感じました。
すばらしい鉄人効果。レドグレイ(鉛のような、青みがかったグレイ)のボディが大人の貫禄。
colorsmotoko | 神戸 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

<第342回> 五色塚古墳

兵庫県の、穴場のパワースポットとして、雑誌で紹介されていた五色塚古墳。ご近所に、そんなありがたい場所があったとは。

4世紀頃に作られた前方後円墳。日本書紀にも記述が見られるそうです。


後円部分、周囲を取り囲むように飾られた埴輪の復元。
奥には明石海峡大橋も写っています。

後円から前方部分を撮影。

手前の葺石が白く、先の方の葺石が黒いのがわかりますか?
白い石は昭和40年以降の復元で用いたもので、黒い葺石は元々使われていたものだそうです。黒石には雲母が入っていて、近くで見るとキラキラと光っています。
五色塚古墳の管理事務所の方に“五色”の名前の由来を伺うと、
「太陽の光に照らされた黒石が、時間によってさまざまな色に変化して見えるため」だと教えてくださいました。
colorsmotoko | 神戸 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

<第338回> 日の出前


昨日、旗振山頂より撮影。日の出時刻(6:51)の約10分前です。
「あの、一際赤いところから太陽が昇ってくるんだ」と思いながら、興奮気味でシャッターを押しています。しかし、日の出時刻が近づくにつれて曇ってしまい、太陽はチラッと顔を出しただけでした。

神戸・旗振山にある須磨浦山上遊園では今、ラッパ水仙があちらこちらに咲いています。ほんのりと朝日に照らされた姿を激写!

2月11日(木・祝)からは須磨浦山上遊園の梅まつりも始まるようですが、梅はまだ硬いつぼみでした。見頃はもう少し先でしょうか。梅の季節にまた訪れたいな。

昨日は6時過ぎに家を出て、夜明けの海を29枚、水仙26枚、計55枚をKissデジXで撮影。「今日はこの辺で勘弁したるわ」と8時に帰宅。…早朝からハリキリすぎですよね、私。
colorsmotoko | 神戸 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

<第335回> 神戸名店巡り

今週は着付けのお稽古の後に新年会ランチへと出掛けました。
「ここにしましょう!」と着付けの先生のひと言で、神戸・元町商店街にあるユーハイム本店へ。ユーハイム本店は谷崎潤一郎の『細雪』にも度々登場する神戸の有名店ですが、ランチをいただくのははじめてです。
本日のランチはシュニッツェル(ドイツ風カツレツ)!

揚げたてのカツレツは軽〜い口当たり。さっぱりとしたレモンソース、クレソンのグリーンもいいアクセント。カリっサクっとした食感がたまりません! 実は私、揚げ物が大好きなんです。

ランチの後は元町〜センター街を抜け、三宮までぶらぶらとお散歩。そろそろお茶の時間…というわけで、「ここにしましょう!」とまたもや鶴の一声でケーニヒス クローネのティールームへ。こちらも神戸を代表するドイツ菓子ベースのスイーツ店です。
先生のオススメで抹茶ゼリーをいただきました!

白玉とあんこが入ってほどよい甘さ、和と洋の絶妙なバランス。優しい味わいは母好みかも。実家へ行くときのお土産にしてもいいな。
大好きなスイーツでお腹も心も満たされました。うれしさのあまりドアップで撮影しております(ちなみにこの日持参したのはコンパクトデジカメのNikon COOLPIX P5000)。
図らずも神戸の味を楽しむ一日となりました。満足、満足。
colorsmotoko | 神戸 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

<第313回> 深海

今日の午後、ちょこっと時間ができたので、兵庫県庁近くのCafe SALLOWへと足を運びました。現在、Cafe SALLOWでは、針金作家uraimayumiさんの個展「深海」が開催中です。

uraimayumiさんには、神戸・塩屋の旧グッゲンハイム邸で行った彩イベント「夏アートカフェ」で多大なご協力をいただきました。ギャラリー部門のアートディレクターとして、キュレーターとして、そしてもちろんアーティストとして、八面六臂のご活躍でした。
アトリエから見える塩屋の風景をuraimayumiコーナーとして展示。「夏・海・塩屋」をテーマにした、親しみやすく、ポップな針金作品にアダルト層から子供まで一際注目を集めていました。

(画像は「夏アートカフェ」出展のuraimayumi作品です)


今回の個展「深海」ではガラっと雰囲気の違う作品が展示されています。
黒が基調の店内に、細い針金で表された、繊細なラインのオブジェ。闇と光が連想される、いわば大人の世界です。
針金で作られた小さな「泡」…暗い海の底からわき上がる光の粒をイメージしました。


uraimayumi exhibition 深海】

日時:2009年10月20日(火)〜11月15日(日)
場所:Cafe SALLOW(カフェ・サロウ)
住所:〒650-0004 神戸市中央区中山手通5-1-21
TEL/FAX:078-360-5310
営業時間: 11:00〜20:00 定休日:月
☆期間中、ワークショップあり。


Cafe SALLOWの店内は撮影禁止のため、作品を画像で見ていただけなくて残念です。ご興味がある方、お近くまで行かれる機会のある方には、Cafe SALLOWとお店の雰囲気を生かしきったuraimayumiさんの針金作品にぜひ触れていただければ…と思います。
私がCafe SALLOWに足を運んだのは実ははじめて。場所の記憶が曖昧だったため、お店にたどり着くまでに思いっきり迷ってしまいました。相楽園のすぐ近くなので、迷いようがないはずなのですが…。
神戸の名勝地として名高い相楽園では現在、神戸菊花展が行われています。Cafe SALLOWおよびuraimayumiさんの作品画像をアップできないので、ぜめて相楽園の写真をご覧くださいませ。


↑入り口。さすがの風格です。


↑菊も見られて、なんだか二度美味しい気分でした。

colorsmotoko | 神戸 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

<第301回> 感性価値創造ミュージアム

神戸・元町まで出掛けたついでに、気になっていた感性価値創造ミュージアム in KOBEという催しへ足を運びました。

告知フライヤーによると
「"作り手のこだわりや遊び心が込められた製品が生活者の感性に働きかけ、感動や共感を得ることで顕在化する"という新しい経済価値を「感性価値」と称し、今回は、西日本エリアで生まれた約60点の感性価値製品をメイン会場(市立博物館・朝日ビル)で展示します。その他「感性」をキーワードにトークイベントやカフェ等多彩なイベントを開催しますので、どうぞお楽しみください。」と紹介されています。
織物に興味のある私としては播州織の展示に興味津々。6日(日)には播州織ファッションショーも行われていたようです。また神戸を代表するパティシエの手によるデザインケーキの販売やパティシエによるケーキ制作実演等、楽しい企画が目白押しです。

まずは会場のひとつである神戸朝日ビルのエントランスへ。色とりどりのマスキングテープを使った参加型のアート作品や神戸・兵庫でものづくりに携わる会社・ブランドの製品等を見ることができます。さらにメイン会場である神戸市立博物館には、生活が楽しくなるような、機能とデザイン性を兼ね備えたプロダクトが集められています。カタログによる解説を参照しつつ展示作品を見て回るのですが、入場無料ながら見応え十分です。

展示作品には眺めるだけでなく、手に取ったり使い心地を確かめたりできるものや商品として流通しているものが多数あり、製品に触れていると「これは一体おいくらかしら?」という素朴な疑問がふつふつと沸いてきます(残念ながらミュージアム内での販売はなし)。
テキスタイルでは愛媛県今治市の「絹孔雀シルクストール」、兵庫県西脇市の「クラッシュ織り」、福岡県北九州市の小倉織りブランド「縞縞 SHIMA-SHIMA」、滋賀県近江市「近江の麻 寝具類」、沖縄県国頭郡今帰仁村「BOTANICA」など、伝統的な手法に現代的な感覚を取り入れた、興味深い織物を目にすることができました。
この催しが神戸で開かれたのはユネスコのデザイン都市に神戸が認定されたことに起因しているようです。ものの価値が見直される今、人の手で作られるもの、創意工夫を凝らし、時間をかけて作られたもののよさを改めて考えさせられるイベントでした。
先週5日(土)〜明日13日(日)まで開催の感性価値創造ミュージアム in KOBE。最終日となる明日には「神戸洋菓子デザインアワード」の表彰式や「神戸居留地プロムナードコンサート」も行われるようですよ!
colorsmotoko | 神戸 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2/3PAGES | << >> |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH