<< <第41回> 新しい音に出逢う -浴衣でカフェライブ - | top | <第43回> 紫の花、青い花 >>

<第42回> PRINCE

前回に続き音楽の話。ついにPRINCE(プリンス)のことを書くときがやってきました。
My Most Favorite Artist=PRINCE!

PRINCEの色といえば、当然パープル=『Purple Rain』(註1)ですが、最近のCDジャケットを見ると赤〜オレンジが使われていて、バイタリティーやエネルギーを強く感じる。PRINCEは今、そういう心境なのかな…と勝手に想像する私(註2)。

事実、昨年発表したCD『3121』は約16年ぶりに全米チャート1位を記録し、その年のブリット・アワードや今年のスーパーボウルのハーフタイムショーに登場! そして皆が期待しているであろう大ヒットナンバー“Purple Rain”を堂々と演奏しまくったのです。これがもう超かっこいいんだっ!
セカンド・ピークと言われている今だからこそ、あえて“Purple Rain”がやれるのかもしれない。『Purple Rain』というアルバムは、今聴いてもホントに「かっこいい」曲のオンパレードなんですよ☆

で、今のPRINCE。最新作は先月発表された『Planet Earth』。
20年以上前からずーっと好きで、その間レコード会社ともめたりして低迷期もあったけど、こうしてちゃんと音楽が届けられるというのはファンとしてはうれしい限りです。
そしてそして、今のPRINCEの音楽はなんと上品!
あぁ、20年前にはPRINCEが上品な作品を発表するなんて思ってもみなかった。PRINCEといえばエロで下品、それが常識だったのに(註3)。


『Planet Earth』といい前作の『3121』といい、なんて大人っぽくて上品なの…(うっとり)。
そんなPRINCEの、品のよさが十分に表れているのは『Planet Earth』の6曲目“Mr. Goodnight ”。また先行シングル“Guitar”のPVでは、イメージそのまんまの紫のギターをかきむしる、かっちょいいPRINCEの姿が堪能できます(註4)。

さらに超ノリノリの“Chelsea Rodgers ”もすっばらしい!
この曲がはじまるとついつい踊り出したくなってしまうので、そんな習性をいかして私は「なんちゃってビリーズ・ブートキャンプ」をやってます。

■■「なんちゃってビリーズ・ブートキャンプ」のやり方 ■■
1)ショップチャンネルのビリーズ・ブートキャンプの紹介番組(30分)をDVDに撮る。
2)そのDVDを流しつつ、“Chelsea Rodgers ”をおもむろにスタート!
3)音楽に合わせて、ビリーの動きを真似しよう(約5分半)。
ビリーズ・ブートキャンプを55分マジメにやらなくても、これだけでも結構キツイっすよ! ちなみに私は腹筋と胸筋を鍛える運動を重点的に真似っこしてます。

今日はPRINCEについて思いの丈をぶちまけてみたわ。
PRINCE、これからも私に音楽を届けてくださいね♪

(註1)
1984年、同名のプリンスの自伝的映画のサントラとして発表され、全世界で1500万枚を売り上げた大ヒットアルバム。

(註2)
右が今年7月に発表されたばかりの『Planet Earth』、左が前作の『3121』。
ゴミになるからという理由で、プラスティックのケースは使用されていないそうです。

(註3)
悪趣味極まりない頃のアルバムジャケット。『Purple Rain』(左)のアートワークも相当なものだが、『Love Sexy』(右)なんてホンマに恥ずかしい。しかし当時、私はこれと同じ写真のポスターを持っていたのだ!

(註4)
写真はシングルCDのジャケット。ちなみにPVでは黒の衣装・黒のセットに赤紫のギターがめっちゃくちゃかっこいい!
しかし今日は「かっこいい」連発だったな。
colorsmotoko | art&music | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH