<< <第502回> 秋は夕暮れ | top | <第504回> 10月のちょこっとダイジェスト >>

<第503回> 光と影

先週末の3連休は飛騨高山に行ってきました!
旅の主な目的は、飛騨天文台にある日本一(アジア一)の天体望遠鏡で星を観測することです。
しかし、宇宙のことも星についても、ごく一般的な知識しかない私…。
ものすごくでっかい天体望遠鏡以上に、
飛騨高山の森林や清流、秋の訪れを感じる景色が印象的でした。
画像は乗鞍岳・富士見岳から臨む日本アルプスです。
紅葉している様子がわかりますか?

さてさて、旅の終わりの高山観光で、
日本に唯一残る、江戸時代の郡代・代官所という高山陣屋を拝観しました。

写真撮影OKだったので、バシバシ撮り進めていると、
秋の晴天の光が大きな日本家屋の中に深い影を生み出していて、
そのコントラストがおもしろく、途中から解説そっちのけで撮影に没頭!

  
光と影…谷崎潤一郎の陰影礼賛の世界。

空気も食べ物もおいしく、歴史を感じる町並みも残っている飛騨高山。
機会があればぜひ、白川郷の合掌造りに行ってみたいです!


colorsmotoko | 写真 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH