<< <第500回> サボテンリニューアル | top | <第502回> 秋は夕暮れ >>

<第501回> 単衣の着物

 6月と9月にしか着られない単衣の着物。
何枚か譲っていただいたものの、
暑さにめっぽう弱い私には、
袖を通す機会が少ないのも、
いかんともしがたい事実です。

これではいかーん!と、
和裁教室に通うときに、
思い切って着てみました。
生成地に水浅葱色の楓。
まだ少し、夏の暑さが残る日だったので、
涼やかな印象の着物を選び、
渋いオリーブグリーンの帯で
秋の訪れを表してみたのですが、
いかがでしょうか?

ちなみに、この帯は、和裁教室で
名古屋帯の仕立て方を教えていただいたもの。
完成したばかりで、
うれしさのあまり身につけています。

colorsmotoko | | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH