<< <第408回> 一瞬の光 | top | <第410回> 美味しゅうございました >>

<第409回> せっかくだから伝統色名で


月に一度、着物友達のようこさんと着物でお出かけ。1月だから華やかな着物を…と思い、従姉妹から譲ってもらった淡く、優しいピンク色の綸子を選びました。

ツヤのある、はんなりとした着物。伝統色名いうと薄紅でしょうか。裾にいくほど濃く、紫に近い色相(紅紫)にグラデーションしています。私の着物ワードローブの中では珍しく、着物らしいというか、正当派のテイストです。

昨年末、リサイクルきものを扱うながもち屋さんをのぞいたときに、販売員さんの

「着物と帯のテイストを合わせる」という言葉にピン!ときて、

同じく従姉妹から譲ってもらったけど、まだ一度も締めたことのない、全通の帯を合わせてみようと思い立ちました。どっしりと重量感のある古典柄。そして正当派の着こなしをイメージし、京紫の紋付き羽織をコーディネートしました。


帯が固くていつになく着付けに苦労し、

「なんでこんな思いまでして着物を着るんだろう」という泣き言が出ましたが(着物を着るだけでご機嫌な私にしては珍しいと夫が驚いていました)、帯締めも帯揚げも初着用!

おまけに寒さ対策にネットで取り寄せた足袋まではじめて使用という、はじめて尽くしの着物姿が完成♪


生田神社でお参りし、絵馬の前で記念撮影(帯まわりが全く写ってませんが…)。

なぜか洋風テイストの、ラブリーな絵馬をお楽しみください。





で、今年から神社仏閣にお参りしたときには御朱印をいただくことにしました。2011年は御朱印元年です。

生田神社にはオリジナルの御朱印長帳があるのですよ!

しかも、「かわいい」と愛好者達の間では上々の評判。さすがは神戸人、商売上手です。

目の覚めるようなシアンブルー(紺碧)と優しいパステルピンク(薄紅梅)の二色から、

本日のテーマ“はんなりと女度アップ”のピンクをチョイス。

セールで購入して以来、私の着物には上品すぎて出番がなく、この日やっと日の目をみた若葉色の帯締め・帯揚げとともに撮影してみました。









(註)文中内の色名は和色伝統色名のHPを参考にいたしました。http://www.colordic.org/w/

colorsmotoko | 色の名前 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH