<< <第399回> 播磨の綿まつり | top | <第401回> 老舗の暖簾 >>

<第400回> 彩(irodori)のこと

COLORS MOTOKO主催のイベント「彩(irodori)カフェ」を手伝ってくれているちかりんのお母さまから、京都で開催される着物の展示会の招待券を譲っていただきました。
京呉服の専門店・北出工芸さんは皇室にも着物を納めてらっしゃるそうです。いい物を拝見することは今後の仕事にも役立つはず…と、御所近くの本社まで足を運びました。
振袖、訪問着、街着などいろいろ見せていただきましたが、私が心引かれたのは色無地。色はもちろん、地模様や染め方など、自分好みを選び、仕立てることができます。
帯次第でさまざまなシーンで着られる色無地は、コーディネートの幅が広い着物。自分で着物を作るなら、あんな風にしたい、こんな風にもしたい…と妄想の大風呂敷が広がります。
しかし、町家での展示会という雰囲気にすっかり呑まれてしまい、写真を撮らずじまい…。残念です。

さて、昨年まで実施していた彩(irodori)のイベントについては、イメージキャラクターのちかりんをはじめ、いろいろな方からご意見やお問い合わせをいただいております。気にかけていただき、本当にありがとうございます。
今年度は「健康的に美しく」をテーマに、パーソナルカラーのプチ診断なども企画していたのですが、夏の暑さから体調を崩したことにより、時間的に難しくなってしまい、現在のところ実施まで至っていません。
しかも、今年はパーソナルカラー診断のご予約の多いこと!
本業の忙しさ(感謝!)に加え、テーマとして選んだ「健康」が奥深く、忙しさのスパイラルにはまりこんでいるのが現状です。
彩(irodori)のイベントは、カラーアナリストとしての私が興味や知識などを注ぎ込んで、色の楽しさを感じていただけたら…と思っています。今は試行錯誤の時期ですが、焦らずに取り組みたい事柄です。今後とも暖かく見守っていただけますよう、心よりお願いいたします。

2010年 秋 COLORS MOTOKO
colorsmotoko | 彩(irodori)カフェ | 23:18 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
着物イベントどうだったか心配してました。楽しんでもらえたなら何よりです。彩のこと。元子さんの本業を生かして、色とりどり略していろどり(違うし)な、色をテーマに暖かくなったらできたらいいですね。今度からは裏方の部分もお手伝いして、少しでも元子さんの負担を減らせればとおもいます。のんびり、またやりましょう。

posted by ちかりん ,2010/11/18 2:49 PM

ちかりーん!
いつもいつも、本当にありがとう!

ちかりんにはいつも元気を分けていただいています。
二人目の超キュートなお嬢さんが産まれてから、
ますます美しさに磨きがかかるちかりん。
いや、「美しさ」という言葉には収まりきらない
パワーやおもしろさ♪♪♪
今回の展示会もすごーく勉強になりました。
彩(irodori)についても、今後どういう形で進めていくのがいいのか、いろいろと考えました。
ちかりんの存在は本当に心強いです。
これからもよろしくお願いします。
また橋本に遊びに行きますね〜。

posted by motoko ,2010/11/19 9:31 AM










Trackback
URL:

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH