<< <第169回> 苔玉のある生活 | top | <第171回> 梅雨 >>

<第170回> 写真はないのですが…。

今日は着付けのお稽古の日。晴れたら着物を着よう思っていたのに、梅雨の晴れ間の主婦的な用事に追われ(なんのことはない、洗濯しただけですが)時間的な余裕がなくなってしまい、泣く泣く洋服で出掛けました。
ここ最近のお稽古では留め袖の着付けを習っています。子供のいない私にとって、この先留め袖を着る機会なんて皆無に等しいと思うのですが、お稽古用の留め袖(50年ほど前、先生がお嫁入りのときに用意されたものだそうです)がとってもステキでご機嫌な私。極楽鳥花のような洋花があしらわれた、モダンでかっこいい留め袖です。

着付けのお稽古の後は図書館へ。夏に向けてゆかたの着付け本をチェックする。
「この夏は、私も浴衣を着られるようになりたいです!」という声を聞き、着付けの先生に相談したところ、「あなたが着ているやり方をそのまま教えてあげればいいのよ」と言われたので、7月には“ゆかたのお稽古”を企画しています!!!
さぁ、この夏は私といっしょにゆかたを着てみませんか?

その前に、今月はゆかたを新調したいという友人4人のお買い物にお付き合いする予定。実は昨日、1人目のゆかた選びのためにWABカラースクールのマネージャーさんの案内で京都に行ったばかり。縹色(はなだいろ:やや明るさのある藍染めの色)に華やかな薔薇の文様、ステキな浴衣地に私までうっとり♪♪♪
大人のゆかたを目指してお誂えされました。あぁ、早く仕上がらないかしら。自分のことのように待ち遠しいです。

で、夜は久々に神戸アートビレッジセンターの落語会へと足を運びました。桂雀松さん、桂九雀さん、桂吉弥さんがレギュラーで出演される“神戸らくごビレッジ”は私のお気に入りの落語会です。今回、吉弥さんはお休みだったのですが、替わりにご出演された紅雀さんが期待以上にすばらしくて大満足!
紅雀さん、前から気になっていたんですよね〜。先週行った、大阪・中崎町のカフェ【天人】でも桂こごろうさんと“べにこご”という落語会を定期開催されています。
恥ずかしながら、ずーっと“べにじゃく”さんだと思っていたのですが、本日“こうじゃく”さんだと判明いたしました。
そりゃ、そうか…紅鮭じゃないんだから。
colorsmotoko | | 23:21 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
Comment









Trackback
URL:
極楽鳥花 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…
気になるワードを詳しく検索!,2008/06/13 11:12 AM

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH