<第503回> 光と影

先週末の3連休は飛騨高山に行ってきました!
旅の主な目的は、飛騨天文台にある日本一(アジア一)の天体望遠鏡で星を観測することです。
しかし、宇宙のことも星についても、ごく一般的な知識しかない私…。
ものすごくでっかい天体望遠鏡以上に、
飛騨高山の森林や清流、秋の訪れを感じる景色が印象的でした。
画像は乗鞍岳・富士見岳から臨む日本アルプスです。
紅葉している様子がわかりますか?

さてさて、旅の終わりの高山観光で、
日本に唯一残る、江戸時代の郡代・代官所という高山陣屋を拝観しました。

写真撮影OKだったので、バシバシ撮り進めていると、
秋の晴天の光が大きな日本家屋の中に深い影を生み出していて、
そのコントラストがおもしろく、途中から解説そっちのけで撮影に没頭!

  
光と影…谷崎潤一郎の陰影礼賛の世界。

空気も食べ物もおいしく、歴史を感じる町並みも残っている飛騨高山。
機会があればぜひ、白川郷の合掌造りに行ってみたいです!


colorsmotoko | 写真 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

<第474回> 梅一輪

「梅一輪」という言葉があるように、梅の見頃は咲き始め…という情報を得て、

居ても立ってもいられず、梅見会開催中の須磨離宮公園へと足を運びました!


厳冬のため、例年よりも開花が遅れているらしく、咲き始めた木もたった数本…なのですが、

その数本に一眼レフを持ったカメラおやじ達がわらわらと集まっています。


紅梅は鹿児島紅梅という品種です↓

白梅↓定かではありませんが、白加賀梅かな…?


ごつごつとした枝にちょこんと咲く花。丸いつぼみも愛らしいなー。

しかもこの日は花曇りで撮影には最適のコンディションでした。


これから春の花がいろいろと咲き始めるので、カメラを持っておでかけするのが、ますます楽しくなりそうです♪


colorsmotoko | 写真 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

<第333回> まだまだデジイチ練習中

明石にて、たこフェリー撮影。

人のいる風景って、今までほとんど撮影したことがなかったことのですが、我ながら悪くないぞ。たこフェリーのデザインもほのぼのおかしい。
colorsmotoko | 写真 | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

<第332回> デジイチ練習中

久しぶりの更新になってしまいました。
愛用していたデジカメの調子が悪くなってしまい、今年に入ってcanonのKissデジXを使っているものの、デジカメ本来のポテンシャルを満喫できずにいます。
私の腕の問題か、はたまた慣れていないだけなのか…。


この写真は先週、有馬のガレリーア レティロ デ オーロで開催された西脇せいご展『月と水オルガン』を観に行ったときのもの。店内は撮影禁止だったのですが、隣接するカフェ ド ボウの入り口に西脇せいごさんのイラストとオブジェが飾ってありました。
ブルーグリーンが印象的な作品の数々。タイトルの『月と水オルガン』には、不思議なオルガンを弾く着物姿の女性が登場します。ご案内をいただいたときから「よし、着物を着るぞー!」と気合いを入れていた私。この日、有馬では雪がちらほら舞ったほどですが、ウールの着物は偉大です。さほど寒さもお気にならずぬくぬく快適に過ごしました。
しかし…Kissデジとはいえデジタル一眼のカメラを着物のときに持ち歩くのは覚悟がいりますね。
colorsmotoko | 写真 | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

<第174回> 伊良部の海

宮古島・伊良部島への旅行から昨晩帰ってきました。
まずは海の写真です。

最近、持ち歩いているデジカメはPENTAX Optio wpi。ウォータープルーフなので今回のような海辺の撮影にはめっぽう強い。

浅瀬なら水中写真もOK! 海の中は青の世界です。

旅行写真を振り返り、写真の中の私は自分で思っているよりもずっと痩せていることに気付きました。夫曰く、極細。これではいかんですね。反省。

colorsmotoko | 写真 | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

<第114回> エネルギッシュ道頓堀

所用で大阪へ。本町から心斎橋筋を抜け道頓堀まで出ると、さすがに大阪一の繁華街、人通りも一段と多く活気に溢れています。
何と言っても通りに溢れる色・色・色!

写真を撮るならここは絶対はずせない、お約束の【かに道楽】に【くいだおれ】。
 

【道頓堀極楽商店街】の看板はえべっさん。


【道頓堀】のファザード。


そしてそして、あまりにも有名な【戎橋のグリコ】。

どれもこれも赤が効いていますね。

というわけで、この辺りのエリアカラー(註1)はズバリ赤!
エネルギッシュ・攻撃的・興奮・情熱…etc。赤の持つイメージは道頓堀界隈の賑わいを象徴しているようです。

続きを読む >>
colorsmotoko | 写真 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

<第69回> Self Portraits 3連発

ハワイ特集のラストは久々のセルフポートレイトです。
セルフポートレイトは鏡を使って撮影するので、街中などで「お、これはいい鏡だぞ!」と思うととりあえず自分を撮ってみるのですが、ハワイにはいい鏡がたくさんありましたよ。だいたい外国のホテルって大きな鏡が多い気がする。


もうおなじみ、このムームー。結婚式が行われた教会で撮影。
NIKON COOL PIX P5000を使用。実力の高さに定評のあるデジカメ、色の再現性に優れていて非常に賢い。

 
ハレクラニにて。結婚式の後、友人が宿泊していたホテルのプールサイドでトロピカルドリンクを飲みながらまったりと過ごしたのですが、その際、新郎&新婦が「お部屋、見ていきます?」と気を利かせてくれたのです。新郎&新婦、お疲れのところを本当にありがとう。
さすがハワイNO.1ホテルの名をほしいままにするハレクラニ。お部屋やベランダからの景色はいうまでもなく、バスルームがとってもステキだったので思わず撮影。
PENTAX K10D使用。防水カメラなので機動力抜群、プールやビーチでの撮影に大活躍です。


私たちが宿泊していたホテルアンバサダーの鏡。これまたなかなかいい鏡でした。泊まりたかったホテルに空きがなく、キャンペーンクラスのどこになるかわからないといわれていたホテルなので全く期待していなかったのですが、お部屋は広いしプールはついているし非常に快適。ホテルのプールサイドで本などを読みながらのんびり過ごしている最中に撮影、肌を露出しないように長袖のラッシュガードを愛用しています。
いつものFUJI FinePix F10。今回は充電装置の調子が悪くてコイツではあんまり撮影していないんです。でもここぞってときにやっぱり頼りになる私の相棒。

続きを読む >>
colorsmotoko | 写真 | 08:00 | comments(6) | trackbacks(1) | - | - |

<第67回> PHOTOS IN HAWAII

予告通り、おもしろ写真です。

泊まっていたホテルの近く、何度も往復した通りに謎の大仏。その腕に抱かれる私。
大仏じゃないんだろうけどなぁ…。
あまりにおもしろいので、道行く人に「さぁ、あなたも大仏に抱かれなさい」とか言って、何枚も写真を撮って差し上げました。
 

そしてCHANELブティック前にて。
母から頼まれていたイヤリングをゲットし、CHANELの店員の方(ステキなマダム)の接客ぶりもすばらしく、上機嫌でポーズをとる私。後ろに写っているマネキンと同じポーズなのですが…わかりますか?
ちなみにこの3枚は、私の写真の師匠である夫の撮影です。

続きを読む >>
colorsmotoko | 写真 | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

<第47回> 浴衣でお出かけ@神戸

白地の浴衣を着るルールには諸説あります。
まず、白地は盛夏に着るもの。8月がふさわしい。
次に、白地は日の高い時間に着るもの。夕方以降に着るのは藍染めの浴衣。藍には防虫効果があるため、虫の出る夕方以降に着るとよい。
そして、白地はワンマイルウエアとして着るもの。そもそも白地の浴衣はお風呂上がりに着るものだったので、ご近所に着て出歩くのは構わないが、電車に乗って出かけるようなときに着るのはふさわしくない。

着物にはTPOやルールが厳然とあります。リサイクル着物がブームになりつつある今、若い方が自由に着こなす姿もかわいらしいですが、大人になって着物デビューを果たした私としては、やはりルールを踏まえた上で着こなしたい。例え着崩すにしてもルールを知っているのと知らないのとでは違うように思うのです。
そんなわけで、白地の浴衣はむずかしい。諸説ひっくるめると、8月の真夏日、日の高いうちからご近所ウエアとして着るのがいいってことかしら?

昨日はカラーのお仲間と【浴衣でお出かけ@神戸】という企画を立てました。ブログをし写真にハマっているのが共通点の私たち、浴衣でお出かけして写真を撮り合おう…という、それだけの企画なんですけどね。
当日ギリギリまで、白地の浴衣にするか、深緑の絞りの浴衣を着るか、迷っていたのですが、猛暑日の続く盛夏の真昼、ホームグラウンドの神戸へのお出かけ…ということで、白地のOK範囲だと判断しました。

で、そのとき撮った写真を公開します!

私のブログにもちょくちょくコメントを寄せてくださるmiya先生。中華街で北京ダックと記念撮影。

ちなみにこの日のmiya先生はブルー地にピンクの花柄の浴衣。チェリーレッドの帯に同じくチェリーレッドのバッグを合わせて、さすがSUMMERな着こなしです(註1)。

そして私。同じく中華街のチャイナスクエアでパンダ像と記念撮影。ただ「パンダが好きだ!」というだけの写真ですが。


続きを読む >>
colorsmotoko | 写真 | 23:28 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

<第29回> そうだ、“色”を撮ろう!

所用で京都へ。街並みの撮影をイマイチ苦手にしている私ですが、京都…その響きだけで何かいい写真が撮れそうな気がする。
どんな写真を撮ろうかとあれこれ考えていたら、『COLORIST カラーリスト -色彩心理ハンドブック-』という本に、エリアカラーという考え方が紹介されていたことを思い出しました。
その土地に長らく伝わり、生活の場で身近に使われていながら、普段はあまり意識されていない色。しかしその土地らしさや本質を表すエリアカラー(Area-Color)。
そうだ、私はカラーアナリストなのだから街のキレイな色を発見すればいいんだ!そうやって撮った写真はきっと私らしいものになるのでは…そんな期待を胸に、いざ京都へやってきました。

まずは祇園。花見小路です。墨色に朱赤が映えます。
 

いきなり興奮して撮りまくり!
やはり祇園はいいっ、何をどう撮っても絵になります。

次に錦市場。錦というだけあって天井がカラフル!

活気溢れる通りにピッタリです。

寺町通り。黒と緑でシンプルに。
 
ぐっとシックに大人の町という感じ。

寺町通りに何気にある本能寺。歴史の重みを感じます。

新京極。白と茶のファザード。

この通りには若者向けの店が多い。人通りが多く、その分町並みの色遣いを抑えてスッキリさせているのかな?

続きを読む >>
colorsmotoko | 写真 | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/2PAGES | >> |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH